2017年12月8日

ようやく完成

今年の夏頃からコツコツと製作していたタミヤ製1/24フェラーリF40ですが、師走直前になってようやく完成致しました。当ブログを溯って見ると、キットを購入したのが2013年8月だったので、4年間積みプラしていたことになります。エアブラシを持っていないので缶スプレーと筆塗りでの塗装でしたが、ボディの艶出し処理が上手くいかず、少々消化不良の出来となってしまいました。やはりカーモデルはボディの艶出し処理で出来栄えがほぼ決まってしまいますね。


このキット自体は1988年の発売と古いため、新しいキットと較べると合いが悪かったり、作りづらい部分があるように思ので、是非新金型で発売して欲しいところです。

今回は練習用に製作したという意味合いも大きかったので、今回の教訓を元に今後はもっと上手に製作できるようにしたいです。

2017年11月19日

TOKUMITSU COFEE

とうとう雪が積もってしまった今週末の札幌ですが、このまま春まで溶けないこともあり得るかと思うと憂鬱です。今日は気温も低く、家でだらだらしていましたが、なんとなく気が滅入ってきたので、喫茶店へ暇潰しに行ってきました。
外出時は既に日が暮れていましたが、寒いとは言え天気が荒れていなかったので良かったです。

ホットコーヒーとガトーショコラ。
この喫茶店では大抵この組み合わせを注文します。
日曜の大通ビッセは18時過ぎだと人もまばら。

2017年11月12日

iPhone8で撮影

夕食を食べにサッポロファクトリーへ出かけた帰り際に、iPhone8のカメラの写りがどの程度の物かと思い、適当に写真を撮ってきました。

恒例のクリスマスツリー。
煙突を登るサンタも例年通りで代わり映えなし。
レンガ館の紅葉もそろそろ終わり。

機種変更前の6sと撮り比べていないので比較のしようもありませんが、素人目線ではあまり変化を感じられませんでした。ただ、専門誌等のレビューではかなり良くなっているとのことなので、画質だけではなく使いやすくなっているのだと思います。

北海道的風景

少し前に撮影した道内地方のどこかの畑です。本当はもっと綺麗な風景があったのですが、車を停める場所がなかったので、駐車スペースのあったここでパチリ。

フィルター交換

昨年9月末に納車となったスイフトですが、仕事で使用していることもあり、とても納車から1年ちょっととは思えない走行距離となっているため、エンジンのエアフィルターとエアコンフィルターの交換を実施しました。


エアクリーナーは1,500円、エアコンフィルターは2,350円(共に定価)ですが、結構値引きしてもらえました。

エアフィルター。右側のフィルターが新品。
エアコンフィルター。同じく右側が新品。

9月の12検で入庫した時に、エアブローである程度汚れを飛ばしてもらったので予想より汚れていないと思いましたが、それでも新品と比べると違いは一目瞭然です。
オイル管理もそうですが、こういった消耗品のメンテナンスでクルマのコンディションは相当変わってくると思うので、今後も折を見て交換していきたいと思います。

2017年11月5日

iPhone8

2年半使用したiPhone6sから8に機種変更してきました。世間ではⅩばかりが注目され、8は全く相手にされていない感がありますが、どうせ1年で型落ちになるし2年で買い換えるのだから私には8で十分です。現時点で次の入荷がいつになるか分からないⅩと違い即納でした。

6sと同じシルバーを選び、容量は64GBを選択。

今回も6sの時と同じくサッポロファクトリーのドコモショップで機種変更しましたが、やれクレジットカードを作れだの、抱き合わせでタブレットがあーだこーだと、こういう商売の仕方は何とかならないのでしょうかね。

2017年10月9日

本日納車

本日新しい愛車が納車となりました。
写真にあるブルーメタリックのMINIコンバーチブルです。


当初はメルセデスSLの中古でもと考えていましたが、最近の車に多い威圧的なデザインが気に入らず、古いひょうたん型ヘッドライトのSL(R230)を探していました。
しかし、このモデルは最低でも10年落ちとなるため、なかなか程度が良い個体が見つからず、ボディーカラーも地味なシルバーかブラックばかりでした。
そこで改めて新車を含めて検討し直すこととしました。

大まかな条件としては、
1.デザインが気にいること(威圧的でないこと)。
2.オープンであること(出来れば2シーター)
3.欧州車であること。
4.地味なボディーカラーしか似合わない車でないこと。

上記の中で検討した結果、予算が許せばアルファ4Cスパイダーが欲しかったのですが、そんな財力があるはずもなく、次点で気に入っていたMINIコンバーチブルを契約しました。

せっかくの新車なので、メーカーオプションのレザーシート、純正ナビは必須とし、細かいところではホワイトのボンネットストライプ、同ミラーキャップやドアエッジ及びドアハンドルのプロテクターなんかも取り付けました。

納車時のコクピットドリルでは各種設定の仕方が理解しきれませんでしたが、おいおい覚えていこうと思います。

北海道のこの時期にオープンモデルが納車となっても、今シーズンは幌を開ける機会はないですが、人生初の愛車であったホンダ・ビート以来のオープンモデルなので、楽しんでいこうと思います。